福島県会津若松市の建築会社 有限会社白岩建匠(しらいわけんしょう) 会津の百年杉で建てる家 新築・リフォームお任せ下さい。

ローコストで建てる家

たくさんの予算がなくても、家を建てることは可能です。

ただ大工さんの人数を減らしたり、やらなければならない重要な工事

抜いてしまったりしてはせっかくの家は台無しになってしまいます。

無理なく費用を浮かせるための条件をあげてみたいと思います。

.家の形をシンプルに、壁の表面積を小さくします。

(総二階のストンとした建物がベストです。)

.できるだけ間取りをオープンに。

(内装に時間と手間をかけないようにします。)

.こだわりのない部分はお金をかけないで。

(その分をこだわりたい所へ回します。)

.水廻りはまとめた間取りにします。

(水道管を延ばすなど水道設備に費用をかけないようにします。)

.既製品の家具をうまく取り入れて。

(作り付けの家具を作ってもらうより、既製品に合わせて設計した方がお得です。)

.エアコン、照明、カーテン等備品は自分で揃えてみます。

(選ぶ楽しさもあります。もちろん取付工事もいたします。)

削減できる所はいろいろあるようです。

予算を明確にして理想の住まいを手に入れられたらと思います。ご相談下さい。

 

 

 

エアコン1台で住む家

最近、おしゃれな外観の新築一戸建てをみかけました。素敵だな~と思い見つめていましたが、ふと何か違和感が……南側のリビングらしき所の前にも、東の玄関脇にも西側にも二階にも、見渡せる限り計5台のエアコンの室外機が……せっかくのかっこいい家なのに残念感が漂っていました。(エアコンの台数は今の世の中ステータスではないはず…)入った瞬間暑いんだろうなぁ。電気代もさぞかし大変だろうなぁ、ソーラーサーキットの家なら1台ですむのになぁと思わずにいられませんでした。エコの時代ですよ。少ないエネルギーで暮らしませんか?ソーラーサーキットの家は特殊な部材を使用するので建てる際多少お金がかかりますが、20年、30年と住み続ければきっと元以上のものがありますよ。だって作りが違います。

本当にエアコン1台?と思われる方、ぜひ体感ハウスへのご来場お待ちしています。

 

屋根裏まで使える家

ソーラーサーキットの家の小屋裏は、屋根躯体の外側で断熱するので、夏も暑くなりません。ソーラーサーキットの家以外でロフトを作ったら、それははっきりいってサウナです。一般的な家では、夏は1階が涼しく、2階はじりじりと暑くなりがちですが、ソーラーサーキットの家は家中がどこでもほぼ一定の涼しい温度。もちろん屋根裏だって各部屋と同じなのです。せっかくのスペースを有効利用しましょう。旦那様や奥様の趣味の部屋、子供たちの秘密基地、シアタールームやミニ図書館などなど楽しみな夢が広がります。また、快適なソーラーサーキットの家のモデル展示場があります。見て泊まって体感してください。

そしてただいま、会津若松市内にソーラーサーキットの家を建築中です。構造など見学したい方はご一報ください。福島県会津若松・ソーラーサーキット(SC工法)

断熱いろいろ

Powered by WordPress | Designed by: free drupal themes | Thanks to hostgator coupon code and wordpress hosting