福島県会津若松市の建築会社 有限会社白岩建匠(しらいわけんしょう) 会津の百年杉で建てる家 新築・リフォームお任せ下さい。

Q.ソーラーサーキットって名前からすると太陽光発電ですか?

A.いいえ

確かに「ソーラー」は直接には太陽光を指しますが私どもの工法としては
ソーラー…自然エネルギー(風・地熱など)
サーキット…回路
を意味しています。

電気の回路を組み立てるように自然のエネルギーの回路を作り快適な室内空間を得ることを目的とする工法です。

Q.ソーラーサーキットは在来工法とは違うの?

外断熱二重通気層という技術を使用して日本の昔の民家のような風通しのよい家、北欧の厳しい寒さも寄せ付けない家、この2つの良さを両立させました。

大きな違いは家の周りを屋根まですっぽり二重の通気層で覆い、空気を給気・排出します。
夏は小屋裏・床下のダンパーを開け、開放的な住宅に。冬は閉めて高気密・高断熱住宅に。
人間が衣替えをするようにソーラーサーキットの家は衣替えできる家です。

Q.子供やお年寄りの健康が心配なんですが・・・

例えば建材においても各メーカーさんが有害建材の廃止に取り組み最高基準★★★★(フォースター)の基準をクリアした建材を使用しています。又、計画換気ですので安心です。
階段・トイレ・廊下などに手摺をつける、段差をなくす、室内の温度差をなくすなどのバリアフリーにも取り組んでいます。

Q.お値段はどのくらいなんですか?

A.在来工法より坪8~9万円ほどプラスになります。(約40坪平均)

ソーラーサーキット工法は、在来工法とは異なる部材や施工法を使用します。以下がソーラーサーキット特有の部材を簡単にまとめたものです。

  • 耐圧基礎 ― 鉄筋・ダブル配鉄・生コン20cm打ちのベタ基礎
  • 基礎断熱材 ― 壁及び屋根、断熱材は2重張り
  • 床下ダンパー ― SC屋根裏ダンパー 棟換気 SC-SV計画換気
  • 開口部 ― 樹脂サッシ(エクセルウィンドウ) 断熱玄関戸
  • 屋根部分の2重張り垂木及び野地板
  • SCシーリングテープ及び補修用バンフォーム ― 発砲ウレタン

これらの部材は必要なもので省くわけにはいきませんが、お客様のご予算に合わせて打ち合わせし、使用する床材・設備機器などでできる限りお客様のご都合に合わせられるように努力しています。

ソーラーサーキット工法でのリフォーム

築10年 木造在来工法 2階建て住宅

①増築工事を計画、ソーラーサーキット工法にて2F全面改装
②1F外周をエクセルサッシ(高性能樹脂サッシ)に入れ替え二重通気仕立てへ

床下環境を改善し四季を通じて同じ環境で生活を送ることができるようになりました。

床の補強

床の補強

既存風窓を断熱用床下ダンパーに入れ替え 外側はモルタル補修

既存風窓を断熱用床下ダンパーに入れ替え 外側はモルタル補修

内側はウレタン補修

内側はウレタン補修


基礎の内側に断熱を施工

基礎の内側に断熱を施工

床下に湿気止めシートを敷きこみ

床下に湿気止めシートを敷きこみ

生コン打設

生コン打設


和室床板を剥がして生コン打設

和室床板を剥がして生コン打設

樋にて室内へ

樋にて室内へ

床下奥は人力で送りました

床下奥は人力で送りました


Powered by WordPress | Designed by: free drupal themes | Thanks to hostgator coupon code and wordpress hosting