福島県会津若松市の建築会社 有限会社白岩建匠(しらいわけんしょう) 会津の百年杉で建てる家 新築・リフォームお任せ下さい。

Q.長期優良住宅ってなに?

長期優良住宅とは、丈夫で快適な住まいをつくり、メンテナンスすることで、世代を超えて

住み継いでいける家のことです。白岩建匠では長期優良住宅の申請をお手伝いしています。

もちろんメンテナンスもお任せください。

平成21年に認定制度が始まって以来、長期優良住宅は年々増加しています。

福島県会津若松・ソーラーサーキット(SC工法)

 

 

Q.長期優良住宅のメリットって?

メリット その1

よいものをつくってきちんと手入れすることは、住まいを子や孫に引き継ぐ、または売る際にも重要なポイントになります。

メリット その2

長く住み継げる家は、中古住宅としても資産価値があります。これまでの住宅は30年が寿命といわれ、ローンが終わるころには資産価値は土地のみになると考えられてきました。

長期優良住宅にすれば、住まい自体の価値も高まり、中古住宅として次の世代で売買することも可能。老後の暮らしの資金にもなり安心です。

メリット その3

一般の住宅と比べて住宅ローン減税や登録免許税・固定資産税などの軽減効果が大きく、

金銭的なメリットがあります。ただし、建築コストが上がったり、手続きに費用が生じたりすることもあるので、総合的な判断が必要です。

メリット その4

耐震性についても建築基準法の耐震基準を上回る一定の耐震性があります。これによって地震保険においても、耐震性能により、最大50%の保険料割引が受けられます。

header_banner

Q.ソーラーサーキットって名前からすると太陽光発電ですか?

A.いいえ

確かに「ソーラー」は直接には太陽光を指しますが私どもの工法としては
ソーラー…自然エネルギー(風・地熱など)
サーキット…回路
を意味しています。

電気の回路を組み立てるように自然のエネルギーの回路を作り快適な室内空間を得ることを目的とする工法です。

Q.ソーラーサーキットは在来工法とは違うの?

外断熱二重通気層という技術を使用して日本の昔の民家のような風通しのよい家、北欧の厳しい寒さも寄せ付けない家、この2つの良さを両立させました。

大きな違いは家の周りを屋根まですっぽり二重の通気層で覆い、空気を給気・排出します。
夏は小屋裏・床下のダンパーを開け、開放的な住宅に。冬は閉めて高気密・高断熱住宅に。
人間が衣替えをするようにソーラーサーキットの家は衣替えできる家です。

Q.子供やお年寄りの健康が心配なんですが・・・

例えば建材においても各メーカーさんが有害建材の廃止に取り組み最高基準★★★★(フォースター)の基準をクリアした建材を使用しています。又、計画換気ですので安心です。
階段・トイレ・廊下などに手摺をつける、段差をなくす、室内の温度差をなくすなどのバリアフリーにも取り組んでいます。

Powered by WordPress | Designed by: free drupal themes | Thanks to hostgator coupon code and wordpress hosting